経験者が書く「新型コロナウイルス感染者体験」の真実 生きていても地獄・・・

はじめまして、私は今新型コロナウイルスに感染し、12月上旬まで病院で治療をしていた50代の男性です。

感染以前は、新型コロナウイルスについてテレビやネットのニュースで見ても、どこか他人事のように思っていました。周りに感染者も全くいませんでした。もちろんマスクや手洗いなど、日頃から注意はしていました。



むしろ自粛するより経済を回すべきと思いました。(ただ政府のGO TO キャンペーンには全く賛同できませんでしたが。) 実際に一時期は感染拡大も落ち着いて、テレビの情報番組もコロナ中心の内容ではなくなってきました。

しかし、また再び感染拡大が報じ始められた11月下旬に発熱し検査、23日に陽性反応が出て、その日のうちに隔離入院しました。

入院から約1週間は高熱と頭痛、だるさに悩まされていました。その後は薬による治療などを行い、身体は元気になりました。




もちろん全てが初めての経験でした。微熱が出た時から「コロナだったらどうしよう」とネットでいろいろ調べましたが、わからないことばかり。一番知りたかったのは「これからどうなってしまうのか」ということでしたが、そのような情報は全くありませんでした。ネットの情報はコロナに関するごくごく一般的な話や、いたずらに不安を煽るものばかりで、実際にその時の私に役立つ情報は何一つ得られませんでした。

私は多くの人に少しでも新型コロナウイルス感染の真実を知っていただきたいと思い、治療中の病院からこのブログのための治療記録を書き始めました。もちろん新型コロナウイルスの症状は、重症、中症、軽症、無症状と人それぞれで、治療内容や隔離生活も違うことでしょう。



私は中軽症者の立場から、このブログを書いていきます。新しい情報はアップデートしていきます。新型コロナウイルスへの正しい理解にお役立ていただけましたら幸いです。

まずは私のコロナ体験をお読みください。

第1話 訪問した実家で新型コロナウイルスに感染 病院への怒りと不満
私は生まれ育った東京を離れ、家族と妻の地元の、ある地方都市で生活しています。昨年、東京の実家の住む母が癌と診断されてからは、たびたび東京を訪れていました。

↓ブログ村ランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました